新潟ダート1800メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~

新潟ダート1800メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~

新潟ダート1800メートルの特徴



スポンサーリンク

データの集計期間

TARGET frontier JVを使用した直近3年(15年以降)の傾向分析
※データ抽出日:2018/4/24
※馬場はあまり古すぎるデータをみても過去の傾向が当てはまらないことがあるため、敢えて対象期間を絞っています
※ペースおよびラップは独自の分析によるものです

脚質


・1200mとほぼ同じ傾向
・逃げ馬が圧倒的成績。逃げ・先行脚質が圧倒的有利

枠順


・1枠が好調
・5枠もなぜか好調
・という数字が出ているが、基本的に枠による差はそんなに少ないという所感

種牡馬ベスト20


・キングカメハメハ、ゼンノロブロイが非常に優秀。出てきたら無条件で買ってもいいレベル
・ダート種牡馬ではカネヒキリ、ヴァーミリアン、フォーティナイナーズサンなどは素直に買い(ミスプロ系が強い)
・新潟ダート1800といえば・・・シニスターミニスターはやはり鉄板

騎手ベスト20


・戸崎が複勝回収率で優秀
・勝浦もかなり信頼ができる数字
・単勝回収率プラスの丸山、木幡巧、鮫島、蛯名あたりも注目

ペース&ラップ

レースの前後半タイム(前半-後半)が1秒以上プラス=スロー、1秒以上マイナス=ハイ、それ以外=ミドルで分類

・Sペース比率:13%
・Mペース比率:35%
・Hペース比率:52%

レースの後半4Fのラップタイムで0.5以上の加速区間がある=瞬発戦、ラップ徐々に減速している=消耗戦、それ以外=平坦戦で分類

・瞬発戦比率:42%
・平坦戦比率:53%
・消耗戦比率:6%

考察

施行条件は3歳未勝利戦と古馬500万条件が大半。
逃げ先行有利の数字が物語るように、極端に厳しい流れになることは少なく、
ある程度前にいっても最後まで大きくバテないでなだれ込みが可能なコース。

新潟競馬場における他の距離に関するデータは下記記事より飛ぶことができます。
リンクはこちら


スポンサーリンク


↓↓よろしければポチっとお願いします!モチベーションUPに繋がります!

指数理論ランキング

コースデータ(個別)カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。