京都新聞杯予想 ◎レイエスプランドル

京都新聞杯予想 ◎レイエスプランドル
記事公開日:2018/05/04
最終更新日:2018/09/15
京都新聞杯予想

≪ 予想・指数 ≫

(参考)
■京都芝2200種牡馬データ(今回出走する馬かつデータが存在する馬のみ抜粋)

■京都芝2200mコースデータ
こちらの記事に記載しています。

■データ分析からの抜粋
⇒原則として逃げ・先行馬有利だが、極端ではない
⇒内枠の複勝率が高い
⇒リーディング上位種牡馬が強い


スポンサーリンク


◎レイエスプランドル
今回はコース相性の良い種牡馬産駒が揃っており、血統から選びきるのは難しい。
となると頼みは指数。素直に指数1位のレイエスプランドルから入ります。
もちろんハービンジャー産駒でコース相性もOK。

○アルムフォルツァ
毎日杯でも本命にした馬で能力的には買っている馬。
指数2位でハーツクライ産駒。

▲フランツ
指数3位、ディープインパクト産駒、デムーロ、内枠と好走条件は揃いまくっている。
軸としては堅いのではないか。

△グローリーヴェイズ
指数4位でこちらも内枠のディープインパクト産駒。

データ的に合致する馬が多く、印を打ちたい馬が10頭くらいいるが、指数を優先して少ない点数で仕留める。


人気ブログランキングへの評価をお願いします♪

Twitterの相互フォローも大歓迎です♪



スポンサーリンク

メイン/重賞予想カテゴリの最新記事