京王杯スプリングカップ予想 ◎アイライン

京王杯スプリングカップ予想 ◎アイライン
記事公開日:2018/05/11
最終更新日:2018/09/15
京王杯スプリングカップ予想

重賞何連敗中?って感じですが、懲りずに大穴狙い。
まぁ逆神としてお使いいただければ幸いです。
とはいえ人気薄でも本命馬は5着くらいには毎回きているんですけどね・・・。

≪ 予想・指数 ≫

(参考)
■東京芝1600m種牡馬データ(今回出走する馬かつデータが存在する馬のみ抜粋)

■東京芝1400mコースデータ
こちらの記事に記載しています。

■データ分析からの抜粋
⇒逃げ・先行有利
⇒1枠が複勝率高し
⇒複勝率ではSS系種牡馬優勢も複勝回収率100%を超えるような種牡馬は該当なし
⇒ルメールの複勝率が非常に高い、複勝回収率では内田が優秀な数字


スポンサーリンク


◎アイライン
指数14位の馬を本命にするのは著しく抵抗があるし迷ったけど、他にこれという馬が見当たらないし、外して後悔したくないので狙ってみる。
強調材料は何といってもコース巧者という点に尽きる。当該コースにおける種牡馬データでは父のローレルゲレイロの出走回数11回のうち6回がこの馬なので、種牡馬データをそのままあてにするのはどうかと思うけどこのコース特化の馬であることは間違いない。2年前にも5着と健闘しているし、スランプから抜け出した感じの今なら十分狙いが立つのではないか。近2走はいずれも1600mだし着差もそれほどない。全く人気ないと思うが指数に目をつぶれば買う理由はある。

○ムーンクエイク
指数7位ということでぱっとしない順位だが、とにかくこのコースはルメールは買っておきたい。
1400mは初だがアドマイヤムーン産駒だし距離短縮は向くはず。

▲サトノアレス
この馬も初の1400mだけど、こっちのほうは正直微妙かなと思う。そもそもここは叩き台っぽいのもあるし。
とはいえ他に思わしい馬がいなかったのと、指数2位だし1枠ということで選んだ。

△ウインガニオン
指数最下位ってことで指数をガン無視する形となるが、アイラインを本命にした時点で崩壊しているので開き直った。
穴人気すると思うけど、コース相性が比較的よいステイゴールド産駒だし、逃げ先行というのもいい。
有力馬が割と差し・追い込み脚質なのでチャンスだと思う。

そのほか・・・
指数1位のキャンベルジュニアだが、前走買っていたけど残念ながらこの舞台は向かないので無印。
指数3位のダンスディレクターは完全に好みの問題(武豊が乗る差し馬は嫌)+東京のイメージがわかないので消し。
指数4位のテオドールも舞台が合わなそう+石川でNG。
・・・という感じで指数上位馬は申し訳ないですが微妙です。


人気ブログランキングへの評価をお願いします♪

Twitterの相互フォローも大歓迎です♪



スポンサーリンク

メイン/重賞予想カテゴリの最新記事