天皇賞春予想 ◎チェスナットコート

天皇賞春予想 ◎チェスナットコート
記事公開日:2018/04/28
最終更新日:2018/09/15
天皇賞春予想

予想・指数

※netkeiba無料会員移行につき過去調教が見れなくなったため調教欄を削除しました


スポンサーリンク


■京都芝3200m 過去10年データ
こちらの記事に記載しています。

<データ分析からの内容抜粋>
⇒内枠大正義
⇒一方で上がり順位もそれなりには大切
⇒種牡馬傾向からスタミナの要求値は高い


◎チェスナットコート
正直あまりしっくりきてはいない。
天皇賞春で穴狙うなら内枠しかないので、特に狙いたい馬もいないからもうそこに賭けるしかないかな。
長距離重賞なら蛯名は強いし、内枠のなかで最も指数上位でもあるこの馬から入ります。

○ガンコ
目下の充実ぶりは本物。
枠もいいし先行できる。ヤマカツライデンの大逃げをみるような形で展開的には一番向いてもおかしくない。
今日の京都最終のクソ騎乗がなければ藤岡に勝ってもらってもよかったけど、あんまり応援はしたくない。

▲カレンミロティック
安易すぎるとは思うけどガンコと同じように展開利が望めそうなので。

☆ヤマカツライデン
大穴で一発あるならこの馬の大逃げ。ダメ元で。

△クリンチャー
長距離でしかも関西圏のG1で三浦への乗り替わりは正直どうなのかと思う。
三浦はいい騎手だと思うけど、ここで三浦というのは謎のチョイス。
指数1位なので印は打ったけど。

△レインボーライン
どうしても京都向きじゃないという印象がある。
前走は強かったし他に適当な馬も見当たらないので印は打った。

△シュヴァルグラン
実績、ボウマンで一応おさえます。

△トーセンバジル
枠も枠だし厳しいと思うけど、デムーロだし指数3位なのでおさえ。



スポンサーリンク


↓↓よろしければポチっとお願いします!モチベーションUPに繋がります!

指数理論ランキング

メイン/重賞予想カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。