競馬の基本は「単勝」であり勝利への最短ルートは「単複」を極めることであるが、「複勝」はリスクヘッジにならない

競馬の基本は「単勝」であり勝利への最短ルートは「単複」を極めることであるが、「複勝」はリスクヘッジにならない
単複は初心者向きの馬券?



スポンサーリンク


前回の記事の最後で、まずは単複で回収率100%を超えられないと話にならないよ!ということを書きました。今回の記事では、より具体的に単複について持論を展開します。

いきなりタイトルで訳の分からないこと書いてますが、私は複勝を購入しません。紆余曲折ありましたが、当面は単勝のみを購入することとしました。

ここで何が言いたいかというと、複勝は購入してはいないけど単複ベースで検証は行っているということです。単勝だけ良くても信憑性に乏しいし、逆もしかりです。複勝で回収率100%超えはハードルが高い(複勝は配当レンジが安いため容易ではない)ですが、最低限、単勝で控除率の壁を超え、回収率100%以上を達成できないような理論は優位性がありません。その理論は間違っていると認めるしかない。
その間違った理論を使って、単複以外の他の券種ならワンチャンあるかも?なんて甘い考えは持たないほうがいい(ダメとはいいませんが)。例えるなら10キロも走ったこともないのにいきなりフルマラソンに挑むようなもんです。フルマラソンを走り切れるような体力、つまりは競馬力を鍛えるための基礎体力(土台)を作るのが単複を極めることであると考えます。

【なぜ単複は初心者向きと言われているの?】

その答えは超シンプル。1頭しか選ばなくていいから。
この言葉にすべてが集約されます。

馬券の難易度は当然ながら1頭選ぶより2頭選ぶほうが難しいし、2頭より3頭です。
単純な的中率は18頭立ての場合、
・単勝:1/18
・複勝:1/6
・枠連:1/36
・ワイド:1/51
・馬連:1/153
・馬単:1/306
・3連複:1/816
・3連単:1/4896
このようになります。
たまに馬連のほうが多点数できるから簡単!という人もいますが、それは違います。

更に単勝、複勝は的中率だけでなく控除率(80%)の面で優遇されています。
・単勝:80%
・複勝:80%
・枠連:77.5%
・ワイド:77.5%
・馬連:77.5%
・馬単:75%
・3連複:75%
・3連単:72.5%

これだけ見たら単複がベストということになりますが、コトはそう単純ではない。
これもよく言われることではありますが、
単勝1点は1着固定の総流しと同義なので実質272点買いしているのと変わりません。
同じく複勝は1頭軸総流しマルチと同義で816点買い。
実はムダが多い馬券なんですね。

それだったら、3連複や3連単で買い目を減らす努力をしたほうが長期的に見るとローリスクハイリターンが期待できます。
ただし、点数を減らす努力というのはマジメに突き詰めていくなら、一体何点まで減らせばいいのか、何点買いがベストなのか、買う・買わないの根拠はなにか?など、やらなきゃいけないことがたくさん。これが非常に大変であり、答えがないモノの答えを自分で出さなければいけない。

それに比べ、単複は余計なことを考える必要がないので、明らかに簡単ですよね。

【回収率を追い求めるなら単勝のみを買ったほうがいい】

冒頭でも記載したとおり、個人的意見としては複勝を購入する意味がわかりません
複勝は頑張っても精々回収率110%くらいが限度です。試行回数を重ねれば重ねるほど顕著に限界点が見えてきます。
確か、あの馬券裁判男(卍さん)でも104%くらいだったと思います。簡単なようで実は超玄人向けの馬券なんですね。

検証をするとわかると思いますが、普通にやると回収率は単勝>複勝となります。
だったら普通に回収率の高い単勝だけを買っておけばいいんじゃないの?と思うわけです。
複勝はよくリスクヘッジと言われますが、複勝はリスクヘッジにならない。が私の意見。
複勝は的中率が重要なため、1回外れた場合の影響度がでかい。要は外れた際のリスクが高い馬券です。
リスクヘッジとは外れた際の影響度を軽減することが目的なはず。でも実際には買った馬が4着以下になったときのダメージが大きくてむしろ傷口を広げてしまうし、そもそも長期的にみたときの回収率は単勝に劣る。
よって、単勝だけ買って資金をコントロールしたほうがマシだと考えます。

よく単勝1:複勝2とかで買うのが良いと多数の方が推奨していますが、私は完全に否定派です。こんなのは結局どっちで儲けたいのかはっきりせず中途半端。中途半端勢に圧倒的な結果は残せない。単勝3か複勝3かはっきりすべき。

結局「複系」の馬券は保険的意味合いが強いので、回収率の観点からは「単系」に劣るし長期的に見ると損になる可能性が高い。逆に的中率を重視するのであれば複勝をチョイスするのもありだと思う。それは人それぞれの価値観にもよるので複勝を全否定する気はさらさらないです。

ただ僕としては回収率を重要して競馬をやっていきたいので、複勝を買うという選択肢はないということです。

【今回のまとめ】

「単複は競馬力の基礎を構築するのには避けて通れない。まずは単複からを極めよう!その上で馬券を購入する際には単勝か複勝かをはっきりさせよ!」

【次回テーマ:回収率を追い求めるなら「単」の付く馬券を攻略せよ!】

単系の馬券は複系の馬券と比較してどれくらいの差が出てくるのか、
私のデータを参考に解説します!


スポンサーリンク


人気ブログランキングの評価をお願いします♪

登録するとメールにブログ投稿の通知がいきます(無料)♪

[最強]ランキング読者会員登録へ

指数に興味がある方はコンピ指数がおすすめです♪


私も参加しているレジまぐで有益な情報をGETしちゃいましょう♪
競馬予想のレジまぐ

競馬理論カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。