馬場に注目した東京競馬場の特徴。一年で最も芝のコンディションが良いのはいつ?

馬場に注目した東京競馬場の特徴。一年で最も芝のコンディションが良いのはいつ?
記事公開日:2018/04/18
最終更新日:2018/09/13

東京競馬場の馬場について

コース図





スポンサーリンク

基礎情報

芝の種類

・オーバーシード(野芝+洋芝(イタリアンライグラス))で通年

芝コースのローテーション

・1回東京競馬:Dコース
・2回東京競馬:前6日Aコース、後7~10日Bコース、後11~12日Cコース
・3回東京競馬:前4日Cコース、後4日Dコース
・4回東京競馬:前7日Aコース、後2日Bコース
・5回東京競馬:前4日Bコース、後5日Cコース

芝の張替次期

・3回東京競馬終了後に芝張替を実施
・9月に洋芝の種まき

エクイターフの導入状況

・2~4コーナーの内側15m、4~1コーナーへの内側20m

ダートの洗浄タイミング

・3回東京競馬後に実施

凍結防止剤の撒布時期

・1回東京競馬直前
※上記以外に気温等に応じて散布する可能性あり

その他の特徴

・A~Dコースと広くローテーションができるため、1年を通じて良好な状態を保てる
・春の2回東京はAコースを5カ月温存できるため、内側が良好な状態。内を通れる馬が有利となる
10月の開催は野芝の張替次期と洋芝の種が蒔かれた時期で、一年で最も芝のコンディションが良い
・水はけがよく、馬場の回復が早い


スポンサーリンク

コースごとの傾向分析

脚質、枠順、種牡馬、騎手、ペース、ラップの観点から分析します!

芝1400m

リンクはこちら

芝1600m

リンクはこちら

芝1800m

リンクはこちら

芝2000m

リンクはこちら

芝2300m

リンクはこちら

芝2400m

リンクはこちら

芝2500m

リンクはこちら

芝3400m

リンクはこちら

ダ1300m

リンクはこちら

ダ1400m

リンクはこちら

ダ1600m

リンクはこちら

ダ2100m

リンクはこちら

ダ2400m

リンクはこちら

人気ブログランキングの評価をお願いします♪

登録するとメールにブログ投稿の通知がいきます(無料)♪

[最強]ランキング読者会員登録へ

指数に興味がある方はコンピ指数がおすすめです♪


私も参加しているレジまぐで有益な情報をGETしちゃいましょう♪
競馬予想のレジまぐ

コースデータカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。