東京ダート1600メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~

東京ダート1600メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~
記事公開日:2018/04/25

東京ダート1600メートルの特徴



スポンサーリンク

データの集計期間

TARGET frontier JVを使用した直近3年(15年以降)の傾向分析
※データ抽出日:2018/4/25
※馬場はあまり古すぎるデータをみても過去の傾向が当てはまらないことがあるため、敢えて対象期間を絞っています
※ペースおよびラップは独自の分析によるものです

脚質


・逃げ・先行有利

枠順


・定説である外枠有利の傾向は存在している
・ただし8枠はあまり妙味がなく、7枠の数字が良い

種牡馬ベスト20


・ゴールドアリュール、ゼンノロブロイのサンデーサイレンス系2頭が強い
・単回収率プラスのタピット、ケイムホーム、スマートストライクあたりは馬券に絡む確率が非常に高い

騎手ベスト20


・ルメール、大野、三浦あたりがアタマで狙い目

ペース&ラップ

レースの前後半タイム(前半-後半)が1秒以上プラス=スロー、1秒以上マイナス=ハイ、それ以外=ミドルで分類

・Sペース比率:5%
・Mペース比率:24%
・Hペース比率:72%

レースの後半4Fのラップタイムで0.5以上の加速区間がある=瞬発戦、ラップ徐々に減速している=消耗戦、それ以外=平坦戦で分類

・瞬発戦比率:48%
・平坦戦比率:51%
・消耗戦比率:1%

考察

意外にもハイペースになる確率が高い。この傾向は1300m,1400mよりも顕著である。
ハイペース確率が上がっているにもかかわらず瞬発戦の割合も上がっているのは面白い傾向で、極端なハイペースにならなければ逃げ・先行馬が一足使う余力があり、そのまま残ってしまうパターンが多い。

東京競馬場における他の距離に関するデータは下記記事より飛ぶことができます。
リンクはこちら


スポンサーリンク


↓↓よろしければポチっとお願いします!モチベーションUPに繋がります!

指数理論ランキング

コースデータ(個別)カテゴリの最新記事