東京芝1800メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~

東京芝1800メートルの特徴~脚質/枠順/種牡馬/騎手/ペース/ラップ~

東京芝1800メートルの特徴



スポンサーリンク

データの集計期間

TARGET frontier JVを使用した直近3年(15年以降)の傾向分析
※データ抽出日:2018/4/18
※馬場はあまり古すぎるデータをみても過去の傾向が当てはまらないことがあるため、敢えて対象期間を絞っています
※ペースおよびラップは独自の分析によるものです

脚質


・逃げ有利、他コースとの比較では割と差しも決まりやすい

枠順


・4枠以内の枠が有利な傾向

種牡馬ベスト20


・ディープインパクトは強いが1600mほどではなく、ベタ買いできるとまではいかない
・サンデー系種牡馬は基本的においしくない模様
・キングマンボ系(主にキングカメハメハ、ルーラーシップ)は単回収率100%超え
・特にルーラーシップは複勝率48.4%と非常に相性が良いコースとなっている

騎手ベスト20


・戸崎が複勝回収率100%超えで非常に信用できる
・ルメール、デムーロが乗っていたらまず外せない
・中堅どころの関東ジョッキーの活躍が目立つ(北村宏、大野あたり)

ペース&ラップ

レースの前後半タイム(前半-後半)が1秒以上プラス=スロー、1秒以上マイナス=ハイ、それ以外=ミドルで分類

・Sペース比率:63%
・Mペース比率:27%
・Hペース比率:10

レースの後半4Fのラップタイムで0.5以上の加速区間がある=瞬発戦、ラップ徐々に減速している=消耗戦、それ以外=平坦戦で分類

・瞬発戦比率:89%
・平坦戦比率:11%
・消耗戦比率:0%

考察

基本的にスローが多いが、なぜか未勝利戦のみミドルペースにもなりやすい傾向(比率でいうと5:4:1くらい)が出ている。未勝利戦では自力重視、それ以外の条件ではスローの上がり勝負となりやすいので、速い上がりを使える決め手のある馬を狙いたい。となるとサンデー系が基本的には優勢となるが、実際の種牡馬別成績をみてみるとサンデー系は回収率は伸びておらず、その分キンカメ系の数字が良く出ているということを抑えておきたい。

東京競馬場における他の距離に関するデータは下記記事より飛ぶことができます。
リンクはこちら


スポンサーリンク


↓↓よろしければポチっとお願いします!モチベーションUPに繋がります!

指数理論ランキング

コースデータ(個別)カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。